自己投資come true

自己投資により、主体的に人生を楽しむ仲間たちで夢を実現します。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

リンク

このブログをリンクに追加する

page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

へミングのホップ・ステップ・チャンプル

人生を3段飛ばしに飛躍させる勉強会・企画

イベント主催者のヘミングです。


チャンプルをしていて感じることは

少しもマンネリがないということ


チャンプルも今年の8月で満1歳になります

ですが開催している当人たちは


勉強会なのに、
楽しくてしょうがない!

なぜか!

毎回毎回が一期一会

もちろん

チャンプルに初めて参加される方が

いるということは

すごくうれしいことですで

大変ありがたいことです。

それと

何度もチャンプルに参加してくれている人たちが

次回の開催までに

ものすごく自己投資を重ね

アウトプット・インプットをしているので

いつのまにか

職業が代わっている人もいる。

わずかの間に皆さんパワーアップして

読書チャンプルという

フィールドで暴れる皆さんに

自分も触発されるように

勉強するきっかけになり

早く会いたいとも思います


チャンプルのある

週末は

平日が変わる!

NO チャンプル NO ライフ
スポンサーサイト

category: へミング

[edit]

page top

1年~スガ☆のシコウNo27

5月30日

25歳になりました☆


僕が1年を意識するのは年末年始と誕生日です


誕生日がちょうど1年の半分くらいにあるので、


自分を振り返るいい機会になっていると思います☆


1年前の自分が想像していたような自分にはなっていなかったと思いますが、


これから1年後がどうなっていくかを考えるとわくわくします(^O^)


この1年間でしたいこと、達成したいこと、何個できるのか・・・


目標を書いて、繰り返し眺めれば達成できる!!

とはよく聞く話。

本当なのか

ここに記して、インターネットのホームに設定すれば毎日見れる

ということで25の目標を宣言いたします☆

1.湘南国際マラソンを完走し5時間24分19秒を切る
2.ベストの体重まで体を絞る
3.スノボに行く
4.バドミントンを始める
5.毎日100円節約
6.読書チャンプルにフル参戦
7.読書年間200冊
8.部署異動
9.マイミク100人
10.資格をとる
11.仕事で先輩と対等に話せるようになる
12.この目標を達成することを最後まで諦めない
13.いい習慣を10個身につける
14.悪い習慣を10個やめる
15.年収500万突破
16.100万貯金する
17.ディズニーシーに行く
18.日本代表の試合を見に行く
19.お気に入りのカレー屋さんをみつける
20.熊本に帰る
21.大切な仲間・家族への感謝の気持ちを行動で表現する
22.人間関係ノートラブル
23.毎日笑顔を絶やさない(絶やしてもまた次の日笑顔にもどればよし)
24.素敵な女性と相思相愛になる
25.大きな怪我・病気をせず健康でいる


いやー考えるのも大変!!

でも頑張るぜ!!

1年後の僕はこの目標を見てどう思うだろうか

きっと今この目標を書いた1年前の自分に感謝しているだろう(^_^)

さぁもうスタートだ!!


【END】





category: スガ☆貢献

thread: 成功をかなえる自分に向かって

janre: ビジネス

[edit]

page top

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか

知識労働者の平均寿命がこれまで想像もしなかったほど伸びている。その一方で、知識労働者の雇用主たる組織の平均寿命は着実に短くなっている。歴史的に見て、30年以上繁栄した企業はあまりない。
知識労働者の帰属先は、雇用主たる組織ではなく、自らの専門領域にならざるをえなくなる。今、唯一意味ある競争力要因は知識労働の生産性である。その知識労働の生産性を左右するものが知識労働者である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドラッカーの著作を読むのは、「経営者の条件」「ネクストソサエティ」に続いて三冊目。
ドラッカーが著書で繰り返し述べているのが、

成果をあげる人とあげない人の差は、才能ではない。成果をあげるかどうかは、いくつかの習慣的な姿勢と、いくつかの基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である

ということだ。

成果をあげる人に共通するのは、性格や生まれ持った才能ではなく、習慣であり、それは身につけられるものだ、という。

世の中に「マネジメント」の概念を広めたのはドラッカーの功績であると言われているが、自己をマネジメントすることの重要性はこれまでの人生を振り返っても痛いほど実感してきたつもりだ。

特に、「タイムマネジメント」。すなわち、時間を管理して無駄を省き、成果をあげるために必要でないものを切り捨て、最も重要な仕事に集中することは、非常に重要であるがつい忘れがちである(その証拠に、今も重要ではないレビューを昼の生産性の高い時間に書いてしまっている)

「経営者の条件」でも述べられていたが、とりわけ強く印象に残っているのが「何によって覚えられたいか」という話である。

ドラッカーは13歳のとき教室で、宗教の先生に尋ねられた。

「何によって憶えられたいかね」

そのときは誰も答えられなかった。
先生は笑いながらこういった。

「今答えられるとは思わない。でも、50歳になっても答えられなければ、人生を無駄にしたことになるよ」


ドラッカーはこう述べる。

人は、何によって知られたいか自問しなければならない。
その問いに関する答えは、歳をとるにつれて、成長と共に変わっていかなければならない。
本当に知られるに値することは、人を素晴らしい人に変えることである。

category: taishou

[edit]

page top

~たまには無理をする~DMの「キヅキのキズキ」Vol.27

しんどい時、ありますよね。

基本は、

「無理をしない」

ことが大事だと思います。
がんばりすぎてエネルギーを失ってしまうのはもったいないですからね。

しかし、

「しんどすぎてそれだけでエネルギーを奪われるとき」

は、他の事に対して、

「あえて無理をする」

こともアリなのではないでしょうか??

ただ疲れる、よりはやることやって疲れる、ほうがエネルギーの回復が早いような気がします。


もちろん、そのときのテンションや体調によって調整は必要ですが、一歩踏ん張って

「何か得るものがあればラッキー」

くらいに考えると自分も楽になるかなぁと感じてます。

たとえば、

・トラブルが起こってどうしようもないときに、今まで先延ばしにしていたことにチャレンジしてみる
・ランニングでつらいときに、フォームを変えてもう少し走ってみる

現実逃避ではなく、視点を変えてみる、行動を変えてみる、ことで何か新しい発見があるかもしれません。


私は今、あえて無理をしています!
仕事上しんどいことが重なっているので、土日に動きまくってエネルギー吸収しまくります!!

※本当に「あえて無理をする」場合は、結構劇薬だと思うので、慎重に自分と相談しながらにしてくださいね…

category: DM

[edit]

page top

ヘミングのホップ・ステップ・チャンプル

人生を3段飛ばしに飛躍させるイベント・企画主催者のヘミングです。


1)前回最後に言った本田さんを日本一読みこんでいる集団


最初に読書会をやるうえで

本田さんを選らだ理由。


やはり、読書会をやるうえで、いろいろな著名人の本を


課題本をやっていくことも


もちろん手だとはおもいますが


私が求めたのは好き


ターゲットを広く設定するのではなく


ニッチ!!


人数を少人数でやるのであれば


本当にその著者が好きという人を呼び、

そして本を何冊もだしている著者の本を

まわしていくことで

リピーターも増える。



そういった意味では


勝間さんの本を読む読書会はとてもにぎわいを見せていました


しかしそこで私も


勝間さんをやるようでは、競争激しいのは目に見えています


戦うようなスキルも技術もありませんから


私とスガさんが好きでなおかつ


ライバルが少ない

本田直之さんになったのです。



いまだmixiでは本田直之さんの本での


読書会はやっておらず


事実上 


パイニアになります!

差別化です。


category: 未分類

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。