自己投資come true

自己投資により、主体的に人生を楽しむ仲間たちで夢を実現します。

01/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28./03

リンク

このブログをリンクに追加する

page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

【らもスタ】なぜ投資のプロはサルに負けるのか〈藤沢数希〉

本日の書籍は、


なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
(2006/12/08)
藤沢 数希

商品詳細を見る


です!””金融日記”の藤沢さんの書籍です!

☆投資は偶然が大半を占めるゲームである。

「株」や「FX」など、一般的に”投資”と言われるものは、
私たちが未来を予測できない以上、基本的にはギャンブルと同じです。

その点について本書では、
投資の世界を「コイン投げ大会」という架空のゲームを用いて説明しています。
少し長いので、要点を纏めて紹介しますので、全文を読んでみたい方は書籍をご購入下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーコイン投げ大会の前提ー

・日本国民全員(1億2千万人)がコイン投げ大会に参加をします。
・毎日、コインが投げられます。このコインは精巧に作られており、表・裏が出る確立は共に50%です。
・国民は毎日、コインが表になるか裏になるか賭けなければなりません。最初の掛け金は100円です。
・賭けに負けた人のお金は、勝った人に等分に配分されます。負けた人はゲームから退場します。
・ゲームに勝った人は翌日もゲームを行い、勝ったお金は全て賭けなければいけません。

【初日】
6000万人が表に、6000万人が裏に100円を賭けました。

コインの結果は”表”でした。
表に賭けた人は、裏に賭けた人の掛け金を配分し、
手持ちのお金が200円になりました。
負けた人は退場なので、ゲーム参加者は6000万人になりました。

【2日目】
3000万人が表に、3000万人が裏に200円を賭けました。

コインの結果は”裏”でした。
裏に賭けた人は、表に賭けた人の掛け金を配分し、
手持ちのお金が400円になりました。
負けた人は退場なので、ゲーム参加者は3000万人になりました。

【10日目】
もしも初日と2日目と同じように、
勝ち残った人が次の日に表・裏、半分の割合で賭けるとすれば、
10日目はどうなっているでしょう。

2の10乗は1024なので、1億2千万人を1000で割れば概算できて、
約12万人が生き残っていることになります。
この人たちは100円の1000倍の10万円をわずか10日間で稼いだことになります。

合コンでは、自分がどれだけコイン投げの才能に恵まれているか、酔った勢いで
吹聴しているかもしれません。(実はただ運が良いだけなのですが。)

【20日目】
今までの前提で行くと、20日後はどうなっているでしょう。
前回の数値をさらに1000で割ると120人しか残っていないことが分かります。

この人たちはいくら持っているかと言うと、10万円×1000で大体1億円です。
この頃になるとこの人たちは正気ではいられません。
『1日5分の努力だけ!20日間で1億稼ぐ方法』なんて本が出版されます。

また、この120人の人たちはスター当然です。
自信満々なので自分の投資哲学を語ったりし始めます。

過去のコインの表・裏のパターンから将来を予測するテクニカル分析や、
コインを投げる人の経歴やコインの材質から表・裏を判断する
ファンダメンタル分析と呼ばれる手法に関する本も出版されるかもしれません。

彼らが幼少期にどんなことをしたのかを調べて、
『金持ち父さんが教える投資の天才を育てる方法』なんて本が出るかもしれません。

「真に実力があれば、コインの裏と表は予測できるのです。
そして、彼らコイン投げ投資家の書いた本を勉強すれば、
誰でもコインの表と裏を当てられるようになります。」
というわけです。

コイン投げゲームは架空のゲームですが、
実際の株式市場も、このゲームにとても似ています。

株にしろ、不動産にしろ、投資というのは多くの人が思っているよりも遥かに偶然が
支配する部分が多い、コイン投げのようなゲームなのです。

それにも関わらず、投資の必勝法に関する本がたくさん出版されたり、
必勝法を教えるセミナーが開催されたりしてます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つまりコイン投げの結果によっては”サルでも勝てる”ということです。

現実もこれに近いと思います。

コイン投げも、株やFXや不動産という投資も、
私たちが未来を予測できない以上、ゼロサムゲームのギャンプルです。
(現実は売買に手数料が必要なので、その分マイナスサムゲームです。)

投資で毎年稼いでるよ!という人はいますが、
その人たちが明日も同じように稼ぎ続けられるかということは誰にも保証できません。

もちろん、
「自分たちは投資の本を読んだりセミナーに参加したり、企業の決算書を読んだり、
様々な所から情報を手に入れてるから勝てるんだ。」という反論もあるかと思いますが、
その情報ってどのぐらいのものなんでしょうか。

本書では投資銀行の仕事も紹介していますが、
そこでは、世間一般的な人より遥かに優秀な人間が、
投資で勝つためにだけに自分の全てを用いて仕事をしてます。
実力世界なので甘えは許されません。

そこまでしているプロの人間でも、勝てないこともあり業界から去っていくという現状なのに、
私たち一般の人間が、仕事の後の3~4時間や休日にちょっと本を読んだりセミナーに参加したぐらいで
偶然勝ったからと言って、自分の実力だと妄信するのは危険です。

本書では、
ノーベル経済学賞の作った最高のヘッジファンドが
多額の損失を抱えて破綻したことも紹介しています。

LTCMというファンドで、
債券の帝王と呼ばれた伝説的トレーダーのジョン・メリウェザー、
ノーベル経済学賞受賞者のロバート・マートンとマイロン・ショールズらの当時、
金融界のスーパースターが1993年に作ったヘッジファンドですが、
12億5千万ドルもの資金を集めながらも、5年もたたない間にマーケットに翻弄されて、
元本のほとんどがなくなってしまいました。

スーパースターでも負けるのです。

テニスの世界だったら、マリア・シャラポワが
その辺の中学校のテニス部の女の子に負けることは万に一つもないでしょうが、
投資の世界では、このように世界一流のプロフェッショナルがアマチュア投資家どころか、
サルにさえ簡単にボロ負けする可能性があるのです。


☆結局どうすればいいの?

本書で紹介している我々一般人が行うべき一番良い行動は、

投資なんてせずに会社に行って、上司に怒鳴られながら一生懸命働くのが一番

です(笑)

身も蓋もないですが、これが一番だと私も思います。

例えば、100万円を投資して、年間5%勝てたとしても(コイン投げに勝ったとしても)
5万円しか儲かりません。

その5万円を稼ぐために、口座開設をしたり、色々と金融商品を調べたりといった時間や、
本を買ったりセミナーに参加する費用を差し引くと、時給換算するといくらになるのでしょうか。
計算したくないですよね汗。

それなら、自分の今の仕事に打ち込み、早く出世をしたり、残業代を稼いだり、
客を自分に集めて独立でもしたほうが良いというわけです。

※ちなみに著者は、
どうしても投資をやりたい人はインデックスファンドをやれ、と言ってます。
詳細は本書をお読み下さい。


株でもFXでも不動産でも、
投資を勧めてくる人間は、何故投資を勧めてくるのでしょう。

よくあるセールストークの「必ず儲かります」というのが本当なら、
何故自分たちでやらないのでしょうか。
彼らはこの荒んだ社会の中で、唯一天使のような心を持った方なんでしょうか。

違いますよね笑。

彼らは投資をギャンブルだと知っています。
知りながらも、手数料を稼ぐために私たちに勧めてくるのです。
自分達はリスクがあると思っているからやらないのに。

という訳で、私たち一般ぴーぽーは投資なんてせず、
毎日の仕事に精を出すのが一番なのです。

”投資”って怖いですね!
スポンサーサイト

category: 六本木ラモーン

thread: お勧めの一冊!

janre: ビジネス

[edit]

page top

ヘミングのチャンプンクッキング


自称Mr.チャンプル事へミングが、
忙しい人に贈る3分で読めるビジネス書!早い・安い・上手いのチャンプンクッキング。
3分だけお付き合いください



私はもともと本は本田直之さんの影響で多読を習慣としていたのですが

本の読み方をプロから習い、速読スキル化したいと思い

フォトリーディングの講座にいきました。

そのきっかけとなった本が今回のおすすめ本です。

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
(2009/11/09)
ポール R.シーリィ

商品詳細を見る


本の感想というよりも
講座を受けて変わったこと。

本の中でも書かれているP39
フォトリーディングのテクニックを学ぶことで
自分には今はこれだけしかできないと思っている限界を見直す。と書かれておりまさしく自分の中で今までは本を読む姿勢が変わり
スピードがかわりました。

今は一週間に7冊を目標としています。


ただ本を読み、自己満足に終わらせることは、サッカーを上達するのに、関連書物を読みあさるようなもの
ですから、まずは成果をだす。

成果にこだわる!!

お・し・ま・い

category: へミング

tag: 速読 読書

[edit]

page top

大ヒットの方程式 ソーシャルメディアのクチコミ効果を数式化する

ドラマなどの書き込みは放映後2日くらいまで。
話題にしやすい、検索されやすい、キ―ワ―ドとストーリーを必ずもうける。
それらはサイトの解析から推論する。当然ユ―ザも。
暗黙知を作っておくとよい。
大量のデータをあつめ、日々仮説と検証する事。

話題にするのに適するストーリーを作りあげ、飽きさせないように展開する。

関数を理解できるように。
推論するために点と点を論理的かつ心情的整合性のある繋ぎ方をして、全体像を見えるようにする事。

これからの時代、文系でもそうでなくても、解析には数学的思考力が不可欠。
プログラムもできるとよい。

ビジネスの構想力=数字力。

category: taishou

[edit]

page top

オタク成金 (アフタヌーン新書 5)

オタク成金 (アフタヌーン新書 5)
講談社


あかほりさとる氏の成功自慢の本。しかし、そこまで成功するために彼がどれだけきちんとアニメやライトノベル界の現状を認識して、そこに自分の居場所と才能の限界を知ったうえで、いかにヒット作を見出して大儲けしたのかが著されている。


こだわり(アーティスト的な、アイデンティティ、その人とわかるような部分)を持つ事は商用世界でも確実に必要で、それプラス「お金になる」事を考える事が必要なんだと思う。特に、クリエィティブな世界では。


 思うのだが、この人はつくづくプロデューサー体質を持ったクリエイター、あるいは自分でクリエイトも出来るプロデューサーなのではないかと思う。

どこの世界でも結局、事業のアイデアだけではなく、構想力と行動力(いわば、マーケティング力と営業力)が必要。

こういうと夢も何もないが、ブランディングも売れる仕組みも備わってこそのクリエイティブ。

category: taishou

[edit]

page top

ツイッターで会社をPRする本 Twitter企業の活用例100

ツイッターで会社をPRする本 Twitter企業の活用例100


準備
まず目的を考えた利用を
思いを伝えた方が応援されやすくなる
必ずモラルとルールを守る
いいきっかけ=挨拶。
イベントにつなげる場合いきなり本塁打は狙わない
効果的な時間帯、質問を見つける

ブランディング
ツィッタのブランディングに効果的なのは人間を見せる方法

背景画像を差別化する
ロゴ、キャッチ、担当者の写真
一方的押し売り厳禁

メディアにツィッタのリンクは必ずつける
ユーストリームはイベントに使える。生中継可能
ツィッタ文化に親しむ
ツィッタ用語
コミュニティ
盛り上がりの最大の仕掛けはビッグプロジェクト
ツィッタのハッシュタグを検索可能=buzztter

ツィッタ
自社の評判を検索可能


販売
限定感をだす
今だけ、フォロワだけ
新製品、最新情報

展望
将来的にネットショップとメディアをツィッタが結ぶのでは
理由 ツィッタの方がフォロワ獲得が楽

category: taishou

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。