自己投資come true

自己投資により、主体的に人生を楽しむ仲間たちで夢を実現します。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

リンク

このブログをリンクに追加する

page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ヘミングのチャンプン・クッキング


Mr.チャンプル事へミングが、
忙しい人に贈る3分で読めるビジネス書!早い・安い・上手いのチャンプンクッキング。
3分だけお付き合いください

痺れたことば

改善点を見つけたら、すぐに改善するための行動をおこす

ディズニーは人がイキイキと自主的に働ける環境を作るために
人を育てるしくみがしっかりとなされている。
ただ、後輩を教える指導側(同じスタッフから選出)も教えることで、ディズニーの
人をハピネスにするというミッションが理解でき相互に成長するところができるところ
にディズニーのホスピタリティの高さの要因と考えれる。

すべての業種において、学ぶべきところが多い

今回のおすすめ本です。


9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
(2010/11/25)
福島 文二郎

商品詳細を見る



社員一人・一人がリーダーシップをもっている
端的にいうと「ホスピィタリティ・マインド」をもって、人の模範となるように
行動をすることです。

ディズニーの教育研修やしくみの背景にある基本的な考え方は規模や業種・業態をとわず
すべての会社・組織に共通するものです。

理想の上司・ゲストをよくみている
後輩をよくみている。後輩にマメに声をかける
すべてのゲストにハピネスを提供しているかどうか常にみている そしてなにか気が付いたことがあればすぐに声をかけます。

叱りっぱなしにしない。
叱るまえにほめる。叱ったあとにフォローする
ディズニーではトレーナーとよばれるアルバイトが後輩の指導にあたります。
トレーナは主にアルバイトから選ばれる
上司先輩が教えることに熱意をもっている
どんなにマニュアルや教育プログラムが優れていても教えるがわに熱意がなければ相手の心に響きません

しっかりとトレーニングをつまない社員が前線にたつとCSを低下させ会社の損失につながる


ディズニー・ミッション すべてのゲストにハピネスを提供する
ミッションとはその組織がめざすべき方向性のことです
自分たちの会社がなんのために存在しているのか

このミッションは、正社員・もちろんアルバイト一人まで浸透している
そして自分なりに消化し行動に移している
ミッションを作るときはまず考えなければならないのあ、自分たちはどういうビジネスをやっていてどういう人材を育てるかを明確にし理解しておくことです

組織は人のために存在しわれわれは人のためになる存在でなければならない

ディズニーでは社員はもちろんアルバイト一人にまでミッションが浸透している
機会を通じて繰り返しミッションを伝えているから

先輩や上司がミッションを理解し、後輩につたえると
後輩はミッションを実現する。その際にどのように行動すべきかを示す
行動指針があればミッション実現のためにより効果的な行動をとることができる

ディズニーの行動指針

安全性・礼儀正しさ・ショー・効率をもうけている


ホスピタリティ
自主的・主体的に相手を思いやることと解釈しています。

いうことと、行動が常に一致している、常にホスピタリティ・マインドをもってお客様だけでなく自分たちに接してくれる上司・先輩であれば、後輩たちも信頼をよせる

ディズニーでは先輩が後輩をみることが徹底されている

後輩が気が付くように堂々とみることがポイント
見るポイント
ミッションや行動指針にそって仕事をしているk
困った様子はないか
ロスやミスはないか

何かをかんじたら、すぐに声をかける
それは、後輩に対する信頼感をさらに強固にする
ただみるだけではおわらせずに一声かかける

後輩の成果ばかり目を向けてはいけない
ディズニーの上司・先輩は後輩の頑張る姿勢を高く評価する

成果についてばかり声をかけると、とげとげしい風土の職場になる
後輩の行為そのものを評価する
声をかけられた後輩も成果だけではなく人間的な面にも目をむけてくれていると信頼をよせる

後輩の状態に合わせて対応する
コーチング的な対応
ポイントは目標をせっていさせる

本人が仕事に対して意欲を燃やしているので、力をアップさせるために目標をつくり
それを達成できるようサポートする
目標をたてるときにはスモール・ステップ目標を設定、そのためにしなければならないこと

上司・先輩が職場の風土づくりのカギをにぎる
トレーナー・キャストたちにできることは、できるだけかれらに考えさせ自主的に行動すように仕向ける。

行動指針が単なる、紙上の約束ごとではなく、実際に現場に生かされているときづく。
同時にこういう会社で仕事をすることによろこびと誇りを見出す

ディズニーでは何か行動をするときには

何故 そのような行動をするのその意味や
理由も必ずつたえる
行動+理由をセットにしてつたえる
指示の意味・理由がわかれば生産性があがる。
後輩に自信をもたせる
パークで後輩が自信をもつのはゲストからよい反応がかえってきたとき
ではゲストと接しない職場の後輩たちはどのようにして自信をえているのか

フィードバックすることが大事

スポンサーサイト

category: へミング

[edit]

page top

« 仕事は5年でやめなさい。  |  ヘミングのチャンプン・クッキング »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jikotoushichanple.blog107.fc2.com/tb.php/686-594c1976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。