自己投資come true

自己投資により、主体的に人生を楽しむ仲間たちで夢を実現します。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

リンク

このブログをリンクに追加する

page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ヘミングのちゃんぷん・クッキング


Mr.チャンプル事へミングが、
忙しい人に贈る3分で読めるビジネス書!早い
安い・上手いのチャンプンクッキング。
3分だけお付き合いください。


痺れた言葉
そもそも、口で誰にでもしゃべれるような話し自体に価値があるとは思わない
トヨタのカイゼンのノウハウをいくら見聞きした他社がトヨタになれるかといえば
なれるわけではない。


著書の方がこの本を通して言っていることは、付け焼刃のテクニックではなく、自分と向き合い
自分の血肉として言葉として説明することができない事にこそ価値があるといわれている。
そして私達がさらに成長したいと望むならその場所は、今目の前の仕事のプロになるという
事だと思います。







今回のおすすめ本です。

超凡思考超凡思考
(2009/02/10)
岩瀬 大輔、伊藤 真 他

商品詳細を見る



下記の内容が本の抜粋になります。



いまや社会人のなかでにわかに勉強ブーム
巷には勉強法や仕事術の本で溢れている
しかし実際のところ、仕事術の本をよんで仕事をできるようになった人は少ない

勉強や本を読んで簡単に身につくものではなく
深い思索と繰り返しの実践を伴わなければならない

なかでも本質的なことは、自分がどんな時に力を発揮でき、どうしたら、自分が思いっきりストレッチして力を伸ばすことができるのかという事をしること

誰かのノウハウやテクニックをお手軽に真似するのはやめよう
早道も、正解もどこにもころがっていない
結局どこまで自分と向き合えるか!

岩瀬式
他人と比較しない、小さな勝利をペースメーカーに達成感を覚える

まずは自分の弱さを知るそのことで確実に力が伸びる
人はともすると自分の誤りを認めずに正当化して、不安と向き合わずに逃げてしまう
そこをぐっとこらえて、自分のありのままの姿を正直に認める、自分の苦手分野
誤りを認識して対策をする。それだけでずいぶん結果が違って現れる

ブランドも知名度も関係ない自分の専門性が武器になる
どんな職業でも役割でもまずは目の前の仕事においてこだわる。はじめはニッチでも小さくても大きく広がるものだから。

ワンランクの上の仕事の負荷をかけた方が人はのびるし、厳しい課題をこなすことで限界のラインはどんどん広がる

いまさら努力しても無駄という人がいるが人は社会で約40年は働く
40年というスパンで見たときに2~3年というのはわずかな誤差
飛びぬけて才能がある人はさておき、普通の人の場合において、強くなるためには継続して努力や勉強ができるかどうかができる人できない人の差として生じる

伊藤真氏が弁護士になりたての頃
毎日コピーとりをやらされていたころ、不満を持っていた
しかしある年配の経営者に言われたことは衝撃をうける
「今与えられた仕事で一番になる。それが日本一の弁護士になる早道」

いい話しだと思ったことはその場でメモをとる
そこで何かを感じ、新しく知りえたものは別の機会に役に立つかもしれないからです

手の内は人に明かす
人に語れる情報に価値はない。勝負は別でする
そもそも、口で誰にでもしゃべれるような話し自体に価値があるとは思わない
本当の価値は、綿密に分析したうえでの個別のアドバイス
トヨタのカイゼンのノウハウをいくら見聞きした他社がトヨタになれるかといえば
そうなならない。、いくら真似をしてもトヨタにはなることができない。
本当に大切なことは、口で簡単に語れてしまうものではなく
ノウハウを自分の血肉として、継続してそれを実践しつづける。それが一番
大切で一番難しいところ

新しいビジネスチャンスは何か特別な情報源を持つひとが成し遂げることではない
新聞の小さな記事に反応して行動した人がチャンスをつかんでいく

遠まわりは遠回りではなく好きなものと長く
付き合う
10冊の本を読むより、1冊の本をじっくりメモをとりながら、感想をかくほうを選ぶ

100点の本でもさっと一読しただけでは、20%ぐらい
それをたとえ70点の本でもじっくりなんども読みかえせば、
そのうちの70%が身につけば約50%は定着する計算になる
何事も定着が大事。予習3時間・授業1時間の
をしておくと断然力の付き方が違った(仕事も同じ)

思いを伝えたいという気持ちが強すぎるとあれもこれもとあせってしまうもの
伊藤氏は1時間の話しをするのに10時間準備をする

欲張らず10のうち2伝われば十分
相手の記憶に残すためにはとにかく繰り返すこと
それは瞬時二』消えていく話し言葉をつかっているから。
スポンサーサイト

category: へミング

[edit]

page top

« へみんぐのチャンプン・クッキング  |  「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jikotoushichanple.blog107.fc2.com/tb.php/700-7fe89856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。