自己投資come true

自己投資により、主体的に人生を楽しむ仲間たちで夢を実現します。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

リンク

このブログをリンクに追加する

page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

へみングのチャンプン・クッキング

Mr.チャンプル事へミングが、
忙しい人に贈る3分で読めるビジネス書!早い
安い・上手いのチャンプンクッキング。
今回は5分だけお付き合いください。


今回痺れたことば
大きな成果をあげた決定もやがて陳腐化する

私たちの仕事は、日々意思決定の連続である。何をやり、何をしないのか。
その差で仕事の成果が大きく事なる。常に成果を出すためには常に意思決定の向上をはかる必要が
あり、いつも判を押したような意思決定では満足できるような成果は今後厳しいといわざる負えない。

成果を出し続けなければならないビジネスマンに必見の
今回のおすすめ本です。





実践するドラッカー【行動編】実践するドラッカー【行動編】
(2010/04/02)
佐藤 等

商品詳細を見る


フィードバックを行なう
決定の基礎となった仮定を現実に照らして継続的に検証していくために、決定そのもの中にフィードバックを講じておかなければならない。決定を行なうのは人である

人は間違いを犯す
最善を尽くしたとしても必ずしも最高の決定を行なえるわけではない。
最善のけっていといえども間違っている可能性はある
そのうえ大きな成果をあげた決定もやがて陳腐化する。

成果をあげるためには、意思決定の質を日々向上
させる必要がある。フィードバックを行なう仕組みを意思決定の中に織り込んでいく。

ポイント

1決定したことを書きとめておく
2行動の結果を振り返る
3事前に期待した結果と事後の成果を比較する
4そこから行動を修正させるための情報を得る
5次の行動に反映させる
6決定とせいかの傾向を把握する

そうして比較検討をおこないながら
せいかの達成度、行動の質や量などの情報を洗い出していきます。
修正すべきことを洗い出す
これが次の行動に生かすべき改善点

到達点は最初の設定しだい
基準は高く設定する必要がある基準を低くスタートすればやがて高くなるということはない。
その基準は高く目標は野心的でなければならない。

1000メートルの山を目指した人が気づいたら富士山の頂上にいたなんてことはありません、
到達できる高さは最初の設定によって
きまります。


目標間のバランスをとることは大切、ですがその前に確認すべきことは、短期と長期の調和だということです。
短期目標を達成するための行動




短期目標を達成するための行動がそのまま
長期目標達成の手段となっていれば両者は調和していることになりこのましい状況になるのですが、短期と長期は一方を追求すれば他方を犠牲にせざるおえないというトレードオフの関係にある。

現在もっている能力を使っていま時点であげることができる成果を10とします。これを将来20にするには短期目標を達成するための行動に費やす時間を長期目標を達成するために行動を振り向けなければならない、その結果短期目標については成果は8で我慢しなければならない。ですがそのかわり」5年後に20の成果をだせるようになっていればよい

計画が行動を呼ぶ
計画において重要なことは明日何を行なうか考えることではない。明日のために今日を何を行なうか考えることである。

計画はスケジュール管理とはまったく違う。夢や目標を達成するために今日何をしなければならないかという観点からどのように時間をつかうかを事前にきめる行為こそが計画

一ヶ月先、1年、5年など期間が長い場合でも同じです。手帳は有用な手段です。一ヶ月先、1年先に行なうことを
今日決めて記入しましょう。
その行為が行動を引き出しその先の成果と導いてくれます。

数値目標であれ、なんであれすべての計画は行動を前提につくらなければ
ならない、

計画がアクションプランと表現されるのはそのためです。
アクションプランとして必要な要素はいつまでに誰が何を行なうか、
それらを誰が知っていなければならないかを決めておくことです。各人がすべきことをわかっていて明日の朝から指示がなくとも始められるといのが
すぐれたアクションプラン


期限がなければ、計画とはいえない。

自らの強みが何かをしること、それらの強みいかにしてさらに強化するかをしること、そして自分には何が
できないかをしることこそ継続学習の要である。
スポンサーサイト

category: へミング

[edit]

page top

«  チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える  |  ヘミングのチャンプン・クッキング »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jikotoushichanple.blog107.fc2.com/tb.php/708-17c2cfbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。