自己投資come true

自己投資により、主体的に人生を楽しむ仲間たちで夢を実現します。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

リンク

このブログをリンクに追加する

page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学

元毎日新聞記者が食・健康・環境について調べてみると、メディアが勝手にイメージ付けられたものが多く、情報の出所や数値計算があやふやなものが多かった。

都合の良い所の寄せ集めで情報を発信するものの、間違っていた時の訂正はほとんどされていない。出回った情報を「○○は体に効く!」等と歌い、商品提供を行う世の中。そんな情報を鵜呑みにして良い物か…冷静になれば「?」が出てくることが多くなった。

健康情報番組、環境ホルモン、添加物バッシング、オーガニック、有機野菜、マイナスイオン、遺伝子組み換え、バイオマス燃料…「良いもの」「悪いもの」で評価されやすいこういった健康情報は本当にあっているのか?

最終章に「科学報道を見破る十カ条」は正しい情報か見極める物差しになると思うので、参考になると思います。

1.懐疑主義を貫き、多様な情報を収集して自分自身で判断する
2.「○○を食べれば・・」というような単純な情報は排除する
3.「危険」「効く」など極端な情報は、まず警戒する
4.その情報がだれを利するか、考える
5.体験談、感情的な訴えには冷静に対処する
6.発表された「場」に注目する。学術論文ならば、信頼性は比較的高い
7.問題にされている「量」に注目する
8.問題にされている事象が発生する条件、とくに人に当てはまるのかを考える
9.他のものと比較する目を持つ
10.新しい情報に応じて柔軟に考えを変えてゆく

納豆ダイエット捏造報道とか、今の話だとトランス脂肪酸とかにも関連してる。
少し前にホットケーキミックス(ていうかベーキングパウダー)に含まれてるアルミが小児に悪影響とか言われたのもこの類の問題と思われます。

一言でいえば
○○が体に良い!!(悪い!!)を疑うべし。
その詳しい理由と、疑わしい事例を挙げて
私たち消費者がよく考えなきゃいけないんだって思わせてくれる本です。
スポンサーサイト

category: taishou

[edit]

page top

« へミングのチャンプン・クッキング  |  ヘミングのチャンプン・クッキング »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jikotoushichanple.blog107.fc2.com/tb.php/718-10202794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。