自己投資come true

自己投資により、主体的に人生を楽しむ仲間たちで夢を実現します。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

リンク

このブログをリンクに追加する

page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理

911のあと、飛行機にアメリカで乗る人が減って、自動車を使う人が増えたが、いっぱんに自動車の方が危険である。ハイジャックで飛行機にのっていて死ぬ確率は、毎月1回乗っても一年間にわずか13万5000分にすぎないが、自動車で死ぬ確率は6000分の1もある。

しかし、システム・ワンあるいは腹は、そんな数字よりも見た目の恐ろしさや結果のひどさにひかれて即座に判断してしまうし、システム・ツーあるいは冷静な頭は、システム・ワンを説得することができない。
人の感覚はまだ、木の実を採集し、獣を狩り、様々な危険に直面していた時代のまま止まっている。
しかし、情報は身近な周辺環境を越え、個人の知識や経験を超え、個人の理解の範囲を超えて届けられる。
個人が生きていくのに、危険を避けるのに、何百キロも離れた一件の殺人事件の情報は必要ない。
しかし、「死」は生存のために必要な情報であるため、人の感覚は鋭敏に反応する。
しかし、反応しても周辺に危険の兆候は無い。
そのため人は、周辺に危険の兆候を「作り出す」
多くの疑似科学情報、誤った情報は、こうして「作り出される」
それらの「誤情報」は、危険がないところに危険を見出すため、リスクの判断を誤らせる。
こうした過ちは、誰でもが犯しえる。
しかも、世の中には「恐怖」を煽る事で利益を得る者、組織が存在する。
スポンサーサイト

category: taishou

[edit]

page top

« ■小さな会社★集客のルール ランチェスター経営 ホームページ成功戦略  |  確率・統計であばくギャンブルのからくり―「絶対儲かる必勝法」のウソ »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jikotoushichanple.blog107.fc2.com/tb.php/731-220a3a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。