自己投資come true

自己投資により、主体的に人生を楽しむ仲間たちで夢を実現します。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

リンク

このブログをリンクに追加する

page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

へミングのチャンプ・クッキング


Mr.チャンプル事ヘミングが贈る
早い・安い・ウマイのチャンプン
クッキング。

3分だけお付き合いください。


痺れた言葉

「クリエィティブは問題解決能力」
この事からも普段私達が仕事もルーチンワークであっても十分にクリエィティブに仕事ができ
お客様に視点にたち、喜ばれる提案が可能だということ。



今回のおすすめ本です。



発想職人のポケット 「カタチのないもの」をビジネスにする55の言葉発想職人のポケット 「カタチのないもの」をビジネスにする55の言葉
(2010/06/30)
高橋 宣行

商品詳細を見る



情報過多、情報一元化の中で、頭ひとつ抜けだす差別化、個性化は企業も個人も最大の悩みといっていい

そのとき唯一解決できる武器がクリエイティビティと言われている。

学ぶことは、真似ることからきていることは知っている。
真似ることはカタチを真似るのではなく、考え方、取り組み方、生き方の本質を探るために、必要なのです。
なぜ、人は喜ぶのか、評判がいいのか、その根っこを探る。


対象を見極め、相手をどうほれさせるか。そのためには自らの人柄をどう併せて伝えきれるか。これらのビジネスは、恋愛社会に似た社会を相手にしていく



情報はある程度量がないと、新しいことが見えてこない。よくいわれるように、創造は情報と情報の組み合わせから生まれる。

何かきがつくと、すぐメモる。考える素材が引き出しに沢山たまり始めると考えることが楽しくなる

ひらめきはロジックでは説明できない。ひたすら考え続けるから閃くもの。


大好きは夢中を呼び、夢中は深堀りと継続につながり、他の人と違う高みに一気に引き上げるから、大好きは才能


当時、朝10時から昼までデパートに出向き、物とお客様とデパートの空間のドキュメントを発見し、日記に書いていく。視点を広げる訓練。

ビジネスのヒントは人間。
商品は人が必ず使うものであり、企業はその使う人で成り立っている。
すべての仕事は人間につきあたる。

自分の色ってどうしたらだせるのか?
それはかたちではなく、内なる深い想いをもつことからでてくるものです。
ビジネスの相手の思いやり、相手の立場で考え続ける。そのなかから、自分らしい、優しさや面白さや強さが企画に表れてくる。


同じところで、コンマいくつかの違いを競う戦いをしていたのでは、エネルギーやコストのロスが大きい。

軸足をかえないと、新しくならない。
ライバルがまだきていない、まっさらな土俵を目指す。

正解主義は辞める。
創造に正解はありません。
正解ではなく、リアリティを探す。

専門化としてそこだけ磨いたっていずれに突き当たる

相手への強い発見や気づきがあれば、レトリックにや言葉遊びにこだわらなくていい。ものそのものの魅力
ものと人を結ぶ共感生、相手への提案性と人間とを含めて発見できる能力が問われている。

創造は何を残して何を捨てるか!
大胆に切り捨てるには、情報量がいる。こうしたいという強い想いがある。決断する勇気がいる。

アイデアは課題探し
無から考えるではなく、ビジネスにはかならず課題が存在する。この問題が見えると、解決に知恵が必要になります。

クリエイティブの力とは問題解決力。
もともと創造とは新しいものを生み出すことですが、世の中にないものができあがることはない。
それは角度をかえたものの見方であり、既存のものの新しい組み合わせ。

創るというより発見。
スポンサーサイト

category: へミング

[edit]

page top

« ヘミングのチャンプン・クッキング  |  ヘミングのチャンプ・クッキング »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jikotoushichanple.blog107.fc2.com/tb.php/751-b10e9e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。