自己投資come true

自己投資により、主体的に人生を楽しむ仲間たちで夢を実現します。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

リンク

このブログをリンクに追加する

page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ヘミングのチャンプンクッキング

Mr.チャンプル事ヘミングが贈る
早い・安い・ウマイのチャンプンクッキング。
3分だけお付き合いください。

今回痺れた言葉

体力のゆとりが心のゆとりを生み出す

仕事で疲れてくると、元気な時には絶対に普段ではしないような仕事のミスやトラブル。
いつも、仕事で目標を達成する人は、自分の体調を含め、マネージメントが上手い。
効率化が叫ばれ、ITや文房具などのツールに目が行きがちだが、
もっとも、確実で成果が現れるのは、自分の投資することだと、改めて気づかせてくれた

今回のおすすめ本です。



インナーパワーインナーパワー
(2010/05/18)
湯本 優

商品詳細を見る




には、ここぞというときに自分がもつ力を最大限に発揮して大きな仕事を成し遂げる人の共通点

正しい姿勢


人が心身ともに、健康な人生を送るためには、運動が必要不可欠
スポーツをする最大のメリット目標がを設定しやすいということ

達成感に中毒作用があるから、人は成長できる。
マラソン大会のでて、完走をめざすことは、ある意味、仕事でプロジェクトの成功をめざすこととまったく同じなのです。

同じ行動ばかりしていると、考えかたのパターンが固定化するのと同じように人は案外、限られた行動、限られた動きしかしていない。


運動や勉強もどちらか片方だけするよりも、両方バランスよく、行ったほうが、パフォーマンスは向上する。
あなたがその肉体で行っていることはすべて脳という司令塔を通して全身を使って行われているからです。


脳にとっては運動も勉強も刺激です。
より多くの刺激を受けたほうが脳の活動は活発になる。


健康にいきるということが、いったいどれだけ幸せなことといえるのか?
それは病気になってから初めてわかる

そうであるのなら、体が元気なうちに人間のインフラともいえる体に対して先行投資をする

運動に限らず、人間がもっとも、パフォーマンスを出しやすい心の状態はその物事を楽しんでいる状態

人生は振れ幅が大きければ大きひほど
喜びも悲しみも苦しさも達成感も大きくなります。



自分からこれまでとは違ったことを
やると決めない限り違う人生は歩めないし、違う人間にはなれない。



一ヶ月に一回の運動では、何度目になっても運動をする苦しさは初回とほとんど変わらない。

せっかくのトレーニングをムダに終わらせないために、体が前回のトレーニングを覚えている間に繰り返す

体が覚えている間にとは、
神経経路できつつあるあいだにということ

成長していくためには、今の限界を少しだけ乗り越えることで、限界のボーダーを少しづつあげていくことが必要になる。

著書が練習時間がとれず、結果がでていなかったときに
無理に練習時間をつくるのではなく
たとえ1時間でもいいから目的をきちんと考えたトレーニングを行うようになった

トレーニングは10分の一以下になったにもかかわらずパフォーマンスはでるようになった。

人間というのは、ただ体力があるとかということではなく、体の多くの部分を総動員させた力をどれだけ効率よくアウトプットできるかがパフォーマンスにつながる。
スポンサーサイト

category: へミング

[edit]

page top

« 統計学を拓いた異才たち―経験則から科学へ進展した一世紀  |  統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか? »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jikotoushichanple.blog107.fc2.com/tb.php/760-2b56875d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。